Vブレーキ装着!

b0046290_2214337.jpg

 以前からブレーキに不満を感じていたので、思い切って交換してみた。とりあえずフロントブレーキのみの交換である。

 今まで使っていたブレーキはロードタイプの自転車でよく使われるキャリパーブレーキだ。現在主流のダブルピポッド(その名の通り二つの支点を持つ)のキャリパーブレーキだが、僕の自転車は古いためダブルピポッドが登場する前のシングルピポッドだ。現在ママチャリで主流である。少し高級なママチャリはダブルピポッドだという。ダブルピポッドの自転車に乗ったことはないけど、おそらく新しいから性能はいいのだろう。これが不満の一つ目だ。二つ目は、以前ドロップハンドルを取り外しフラットバーに交換した際に、間違ってVブレーキ用のブレーキレバーを取り付けてしまったのだ。VブレーキとはMTBなどによく使われるブレーキで、大変効きがいいとされている。そして効きが良すぎるために、Vブレーキ用ブレーキレバーの出力は弱めに設定されている。つまり、Vブレーキ用ブレーキレバーでキャリパーブレーキを使おうとしてもキャリパーブレーキ本来の性能が発揮されないわけだ。

 とまぁ、不満はあるものの実際の制動力に実質的な問題があるわけではなかった。事実北海道もこの仕様で走っていた。でも物欲ってのは怖いものだ。

 新しいブレーキを選ぶ際に候補となったのは、ダブルピポッドのキャリパーブレーキとキャリパーブレーキ用のブレーキレバーをセットで購入することだ。これが一番無難というか、当然の選択だろう。

 しかし俺は違った・・。せっかくVブレーキ用のブレーキレバーを持っているのだから、Vブレーキにすればええやん、と。だがこれには問題が山積みである。まずVブレーキを装着するには、Vブレーキ用の台座を持ったフォークなりフレームが必要である。Vブレーキ用の台座とは左右対称につく2つの台座からなる。ちなみにキャリパーブレーキの場合は、フォームまたはフレームの中心軸上に一つの穴が存在するだけである。本来ならVブレーキ台座のあるフォームを交換したりするとこだろう。しかし、そんなお金があるはずがなく、今あるフォームにどうにかして台座を取り付けようとした。そこで使用したパーツがこれである。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/grunge/700ctransfer.html

 これにVブレーキを装着し、強引にフォームにくくりつけてしまうことにした。まず、アーチ上部の穴と、キャリパーブレーキ用の固定穴をボルトで固定。そして、アーチ下部の2箇所をU字ボルトで固定。これで完成である。あっさりと書いてしまったが、この構想に半年は時間を費やしたw。少しばかり強度的に不安を覚えるが、壊れたらそれはその時だろう。実際に取り付け作業を行った時の問題点としては、フォークの間隔が狭くブレーキシューが接触しそうになったことだが、クリアランスを1mm程確保しどうにか装着。

 さて、実際に使用した感想はどうだろうか?レバーの可動量はかなり大きい。大きいというかハンドルに接触するほど動く。逆に言うと、そこまで引かないと最大のストッピングパワーは得られない。しかし、タッチが軽いのでそこまで問題ない。結論としては以前より軽い力で大きな制動力を得ることが出来た。見た目もかっこいいし大満足である。

 問題点としては、700cトランスファーのアームだけでは強度不足であり、ブレーキ時のアームのたわみが確認できる。これが効きの弱さに繋がっていると見てよい。今後ブレーキブースターの追加を検討する。

 つか、こんな方法でVブレーキつけるやつそうそういない。言いたいのはそれだけ。。

# 4/14追記
効きがあまいのは、ハンドルの幅が極端に狭いため、ワイヤーの取りまわしが強引なせいもあるだろう。あとパッドの当たりもまだ出てないかな。
心配していた取り付け強度は今のところ問題なし。リアタイヤが持ち上がるくらいのハードブレーキングも出来るようになりました。

# 4/17追記
 ちょっと難しい話。最大ブレーキング時に、ブレーキにどれほど負担がかかるのか考えてみた。
 まず、時速30km/hからフロントブレーキのみを使ったフルブレーキングを試みる。結果5m以内で止まることができた。ここでは4mということで計算する。では4mで止まるまで何秒かかっているか計算し、加速度を求め、そこからブレーキング時に働く力を求める。
30[km/h] = 8.33[m/s]
  v=at+v0
  x=1/2(at^2)
v0=8.33[m/s] , v=0[m/s] , x=4[m]より
  t=0.96[sec]
これより加速度aは
  0=0.96a+30
  a=-31.25[m/s2]
車体+体重を70kgとした場合、リムブレーキ(車軸からリムまでの距離=車軸からタイヤまでの距離とみなす)に働く力は
  70[kg]*31.25[m/s2]=2187.5[N]=223[kg]
えぇぇぇ~、Vブレーキ一つで223kg?!!!あくまでフルブレーキング時の話だけど。
それと僕の自転車だと3点で固定してあるので、一つあたりにかかる力を計算すると、キャリパーブレーキ用の穴を使ったボルトにはおよそ90kg、U字ボルトには一つあたりおよそ67kgがかかることになる・・。まじかいな。壊れないかどうか不安になるけど、とりあえずまだ大丈夫^^;

#4/18 追記
VブレーキのグレードはDeore LX。かなり安いグレードで、シューの角度調整機構はない。そしてブレーキケーブルはダイソー製だ。専門店で買うと500円程するものが、なんと100円。安いよぉ~。
[PR]
←menuへ























































AX