カテゴリ:2006チャリダーin沖縄( 14 )

b0046290_12191645.jpg

沖縄トリップからは半年以上経ったけど、沖縄熱いまだ衰えず。
昨日は映画「涙そうそう」を見てきました。
映画の中に自分も訪れた場所が出てきたのは良かった!
写真は2006年3月13日の沖縄県北谷町美浜。
[PR]

そうそう、だいぶ時間が経ちましたが、春の沖縄トリップの画像をまとめてアップしてあります。
よかったら見てみてください。枚数多いので暇な時にでも!
まだ未完成で写真に対するコメントが入ってませんが、そのうち入れます。

http://crmo.ifdef.jp/
[PR]
b0046290_22472361.jpg

朝6:30那覇新港に到着。国際通りにて朝食後、海軍壕公園に行き、第二次世界大戦時の海軍壕の跡地を見学する。ビジターセンターも併設されており最終日にして沖縄における戦争の歴史を知る。

12:40の飛行機で東京へ。一眠りしたらあっという間に羽田到着。たった2時間。飛行機はほんとに速いなぁ…。羽田空港で自転車を組み立て走り出したものの、自転車だと空港からどの道を通っていいのか分からない。しょうがないから車専用トンネルの脇っちょにある細い歩道(作業用通路)を自転車押して歩いていたら警備員に怒られた。

環八→国道15号→国道1号で都心へ。皇居まで出ればあとの道は簡単だ!でも青山まで走った時点で日が暮れ、雨が降ってきた。おまけに飛行機で運んでもらった最中に後輪が軽くパンクしたみたいで、少しずつ空気が抜けてったり…。他にもあちこち壊れかけてる箇所があり、最終日にして辛い走行となった。でもそんなの全然問題ない。今まで沢山楽しいことがあったのだから。

家に帰ってお風呂に入って夕食を食べたら疲れがどって出てきた。

---

似たような時期に八重山諸島にいて、何回か顔を合わせた子がいて、その子は帰る前日の夜は、帰るのが辛くて飲めば飲むほど落ち込んでしまったそうだ。その話を聞いたとき「おおげさだなぁ、また来れるんだから」って思った。でもそう思っていた自分も昨日宮古島で夕食時にお酒飲んだ時は、全然楽しい気持ちになれなくて、飲むのは最初の1杯だけにしといた。
今も旅から帰ったばかりで、「楽しかった!」というよりは、なんだかしんみりした気分。ちょっと長く居すぎたのかなぁ。それだけ多くのものを見て、多くのことを感じ、多くの人に出会えたんだけど。いい旅だったんじゃないかと思う。
[PR]
b0046290_2230629.jpg

フェリーによる移動日。

11:30石垣島出港、16:30宮古島入港、21:00宮古島出港、明日6:30那覇新港入港予定。

宮古では2~3時間、船外に出ることができたので、この旅の途中で出会い、ちょくちょく行動を共にする機会の多かった自転車乗りのN本アニキと食事をして、宮古に残る彼とはここでお別れ。いろいろ有難う、楽しかった!!

フェリー乗船中は暇だけど、見知らぬ人と馴れ合う気にもなれず、就職に向け読まなければいけない本があるので開いてみたが、あまり進まない…。本来毎日読み進めて、今頃読み終わっていたはずなんだけど(^_^;)。

疲れもたまっているので、そろそろ寝るとしますか!
[PR]
b0046290_82024.jpg

八重山諸島の〆として、石垣島から10分の竹富島へ。サンゴの隆起で出来た小さな島。

観光の島として人気があるようだけど、確かに居るだけでも楽しくなるような不思議な島。懐かしさを感じる町並みも良ければ海もいい。ほんとは一泊してゆっくりしたい島なのですが、スケジュールが合わないので日帰りでした。
[PR]
b0046290_17361055.jpg

DAY 10
1日中、波照間滞在。昼間は断続的にスコールがくるので、少しだけ浜に行って、あとはまったり。
夜は波におじゃましたあと、パナヌファ、そして宿飲み。泡波も沢山頂いた!!

DAY 11
朝からほんとにまったり(またかよ!)
はた織りの体験をしたり、1日1便の飛行機を見に空港に行ったり、沖縄そば作ったり。ほんと楽しかった!
最後にモンパの木に行って、ささやかな記念品を購入。そうそう、商店で泡波ミニボトルを3本買えたので、1本は親父、1本は教授にプレゼントし、そして最後の1本は自分で長期貯蔵(笑)

話はまだまだ続く!
ただ今、波照間→石垣の高速船に乗船中。最初は半端なく揺れた!吐き気を感じる神経がなくなるほどの恐怖感。海が荒れるとはこういう事かと身をもって知りました。
今はだいぶ揺れも収まって暇なので、こうして日記書いてます。

沖縄もあと数日ということで、少し淋しさを感じながらの石垣入港です。それでは皆さん良い夜を!
[PR]
b0046290_0103640.jpg

DAY 8
結局、与那国島にはフェリーの都合上1泊しか出来ず石垣島に戻る。

DAY 9
昼頃、石垣島より高速船で1時間の距離にある波照間島に上陸。ここは人が住んでいる島の中で日本最南端。

天気はあまり優れないものの、さっそく島を回る。驚くほど時間がゆっくりと流れ、色々な動植物に満ちあふれている。

午後3時には宿にチェックインし、あとはダ~ラダラ。すっかり沖縄時間が身についてきました。

あと1時間くらいしたら、最南端に南十字星を見にいく予定!といっても雲があるから見えないかなあ…。
[PR]
b0046290_2358457.jpg

結局、与那国行きのフェリーはあまり揺れることなく、熟睡してしまった。

与那国島、ここは日本最西端の島。宮古、石垣をはじめとする八重山諸島の中でも少し離れたところに存在する。

本日はさっそく島を一周、およそ30km。良かった!!綺麗だし、観光客もあまりいない!どちらかというと、山ばかりの島で、海岸線には断崖絶壁が続く。ダイビングで有名だそうだ。体験ダイビングもやりたかったけど、今回はスケジュール上パス。

さきほど、泡盛の勢いで真っ暗な中、自転車で5分ほどのところにある最西端の岬に行ってきました。そしたらそこにはいい感じのカップルが…。

オワスミナサイ。
[PR]
b0046290_9185393.jpg

石垣島には9時頃到着。そのまま島に西側を走る。距離は80km程度だけど、アップダウン多し。でも景観は素晴らしい!とくに御神岬がオススメ。

でも天気は高気圧の縁がなんたらかんたらで、1日中曇り。

…DAY 7。今からフェリーで与那国島へ。この船はめちゃめちゃ揺れが激しく、あれはゲロ船だぞって言われた…。たった4時間だ、頑張れ!
[PR]
b0046290_19403715.jpg

那覇までズルして辿りつき、無事石垣島行きフェリー乗船!到着は明日。船に乗る人は旅人ばかり。自転車乗りもいっぱいいます。

いやぁ、ここまでの旅でずいぶんいい思いをしちゃったけど、それ以上に楽しい後半戦としたい!

旅は積極的にいかないといけない、と思いました。以上!
[PR]
←menuへ























































AX