カテゴリ:2006チャリダーin北海道( 12 )

b0046290_23362367.jpg

乗客たった一人のローカル列車。
小さな町での思わぬ祭り。
夜明け。
サロベツの原野を突っ切るどこまでも真っ直ぐな道。
利尻山の荒々しさ。
利尻島標高500mからの夕焼け。
カフェオレのような色の温泉。
昆布乾しをしている人々。
照りつける日差し。
原付でのもう一周。
天の川。
夜の雨に起こされた瞬間。
甲板の上での読書。
キャンプ場が見つからず右往左往。
ひたすら乗りつづけた各駅停車。
大通り公園での一時。
飛行機の離陸する瞬間。
[PR]
b0046290_22275653.jpg

いやっはぁー、長かったです。今日の日記は読んでもつまらんだろうなぁ。

朝5時起床、ってか寝袋を1回広げると畳むのめんどくさいから寝袋出さないで寝たら、やっぱあんま寝れなかった。

旭川駅まで走って自転車を畳んで輪行袋にしまう。始発の各停に乗り札幌へ。9時到着。自転車を組み立て大通り公園へ。札幌在住のkagekkoさんと合流、朝からプハァー。ついでに西6のビアガーデンっぽいところでランチも。やっぱ夏の大通り公園は涼しいし、いいところだなぁ。

13時、再び札幌駅まで行き自転車を畳んで新千歳空港行きの快速。んで15:15新千歳発、仙台空港行きのJAL。仙台空港について気付いたのだけど、最寄りの駅に行くバスもすぐに来なけりゃ、乗りたい電車までの時間もない!そこでいちかばちか自転車で行こうってことで、7分で自転車を組み立て、13分程ペダルを猛烈に漕ぎ駅まで行き、7分で自転車を畳み、ぎりぎりで電車に飛び乗る。

地元の駅までは3時間くらい。ひたすら耐えつつ、到着したら再度自転車を組み立て寮まで自走。20:40到着。

書いてるだけでも長い!自転車の折りたたみor組み立てを1日6回ってのはちょっと凄い。ちなみに折りたたみ自転車ではない。

ってことで大変だったけど思い出に残る旅がまた一つ増えました。よい旅だったと思います。さぁ次はどこいこうか!
[PR]
b0046290_20235377.jpg

早いものです。もう帰らないといけないなんて寂しすぎるなぁ。

今朝9時前のフェリーで利尻島から稚内へ、各駅停車の電車で稚内から名寄、快速電車で名寄から旭川に。

旭川にはハウルの動く城がありました♪
[PR]
b0046290_203769.jpg

リィシリとはアイヌ語で「高い山の島」という意味。今夜は利尻北麓キャンプ場。

現在午前2時少し前。雨がテントを叩く音で目が覚めた。たった数時間前までは天の川さえ見えていたのに…。
[PR]
b0046290_21592925.jpg

今日はいろいろ有りすぎて、もう何も書けない。

利尻島より。

素晴らしい島です。
[PR]
b0046290_21373240.jpg

今日は幌延という小さな町まで。到着は19時27分。今夜これ以上進む電車は、ない。稚内の手前数十kmといったところか。

今日だけで400km以上の電車移動。最後1時間はほんとローカルな路線で、1両編成のディーゼル電車に乗務員2人と、自分一人。

幌延に到着した頃にはもう真っ暗。コンビニで夕食買って、さっさとキャンプ場に行こうとしてたら、どこからか楽しげな音色が…。祭り?とりあえず行ってみたのだけど、そしたらこれが大盛りでびっくり。電車の乗客がたった一人しかいなかった町とは思えなかった。そして偶然にも、たまたま自分がこの町を訪れた日に祭りが行なわれていたことがほんと嬉しかった。

祭りは見てて飽きないものの、酷い疲れを感じていたので、そうそうに祭り会場をあとにしてキャンプ場へ。そして今、夕御飯食べ終わってようやく寝る準備が出来たところ。めんどくさくてせっかく買ったサーマレストをひいてなきゃ、寝袋も出してない…。まあ芝生のサイトだし気温も高いのでこれで寝れっかな。

明日は朝早いので、そろそろ、オヤスミナサイ。
[PR]
b0046290_13102367.jpg

仙台は大きな街だった。特にどこまでも続かんばかりのアーケードが印象的。仙台の子はブ○が多いとかっていうけど、まぁ…、んんんっ。
疲れてたのですぐにカプセルホテルにチェックイン。ゆっくり寝れました。

朝6時起床。外に出ると、雨。ちょっとテンション落ちたけど、アーケードのおかげで濡れずに駅まで行けたので良かった(笑)

んでその後は電車とバスで仙台空港に向かい、仙台空港から新千歳へ飛行機でひとっ飛び。10:45新千歳着。いよいよ北の大地上陸!本州と違って天気も良好です。

新千歳から電車で札幌へ。札幌で乗り換えて現在、岩見沢行きに乗車中。今日中にあと3回乗り換えの予定。

さぁどこまで行けるだろうか。。
[PR]
b0046290_19555626.jpg

仕事あがってシャワー浴びて、午後6時前には出発!
駅まで自転車で自走。んで自転車はタイヤ外して輪行袋にしまって、
あとはひたすら電車に揺られるのみ。仙台到着は22時過ぎの予定。あと2時間以上あるよ。
そして宿泊する場所探さないとなぁ。
[PR]
b0046290_2338506.jpg

明日夜出発。いざ北の大地へ。
だいたい準備は終わったんだけど、いまだにプランがまとまらない…。行きたい場所は大体決まっているのだけど、ここにきて自転車を持っていくか持っていかないかで迷っている。

結構荷物の量が多い感じで、自転車を持っていかないのならば、その分工具などを持っていく必要がなくなりバックパックの中に空きスペースが増える。もちろん飛行機や電車に乗るときも重たい自転車を引きずって歩く必要がないので身軽でいい。

でも自転車がなければないで機動力が大幅に落ちる。自転車があれば2kmだって10kmだって20km、時には100kmだって、そんなに苦にはならない。でも徒歩だとそうはいかない。旅をする上で自転車の機動力ほど、速過ぎず遅すぎず、適切な速度なものはないんじゃないかと思う。

もともと僕にとって自転車は、いろいろなことの原点であって、自転車が好きだったからこそ北海道が好きになって、旅が好きになって、沖縄に行くことも出来た。そんな事情もあるから、出来ればどこに行くにも自転車を持っていきたい。

一方で自転車を持たないで旅、いわゆるバックパッカーみたいなものも楽しそうだけど。自転車乗りとは違った視点で旅を楽しめそう。

まぁ自転車を持っていくか持っていかないか、これについては明日の仕事中にでもゆっくり考えてみようかな。
[PR]
b0046290_22455516.jpg

これから何年間かたまにお世話になる我が家よ、よろしく!
以前の日記でも書いたとおり、プロモンテ(旧ダンロップ) VL-22です。
今まで使ってた一人用より、幅も高さも大きくなっていい感じ。
さすがにフライがある分、かさばるのはしょうがないな。
フライとインナーテントは別々に収納できるのがいい。
フライとインナーテントの接続がプラスチックバックルなのもいい。
黄色くて可愛いのが特にいい。

あわせてサーマレストZライトも買っちゃったんだけど、
想像してたより大きくてかさばるのは残念…。
[PR]
←menuへ























































AX