<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

b0046290_23462644.jpg

 昨日はパタゴニア目白にて行われたスノーボードフォトグラファーのKageこと稲蔭一道氏のトークショーに行ってきました。

 内容は先シーズンのアメリカ~カナダ~アラスカトリップを写真と共に振り替えるというものでした。昨シーズン、日本では記録的な豪雪となったのとは対象的に北米はかなりの雪不足に悩まされていたようですが、その現実は予想をはるかに超えたものでした。日本でもいつかそのような日が訪れてしまうのでしょうが、実際にあのような光景は到底受け入れられるようなものではないと感じました。

 アラスカでのオーロラはほんと感動的。でも自分の行動力じゃアラスカでのテント泊なんかとても出来ないなーと(泣)。でも真冬の北海道チャリで走りながらテント泊なんかはしてみたいかも(・∀・)。

 トークショーの最後の話は、少しでも自然を守るために身近なことから日々努力しようという話でした。北米にて雪不足の現実を見てきたKageさんの訴えは心に響くものがありました。例えば車の話でいえば(もちろん乗らないのが一番いいのですが)無駄にアクセルを踏まない、こまめなアイドリングをする、燃費のいい車に乗る‥等いろいろあるわけですが、いきなり全部!というのは大変ですから、少しずつ実行していきたと思います。

Kage氏のサイトはこちら↓。Snow Life Magazine Vol.1のWeb閲覧が可能となったようです!
http://www.snowlife.jp/

 ちなみにこのトークショーは今後、鎌倉、神田、札幌で行われるようです。ボード好き、旅好き、写真好きの人には是非行って見ることをオススメします!詳細は↓
http://www.patagonia.com/japan/events_news.shtml
[PR]
b0046290_0274927.jpg

b0046290_0281896.jpg

 ↑以前街で見かけた車たち。

 まだまだ忙しい日々が続きます。いや、むしろこれからか・・!さっさと卒研終わらせて思う存分冬山で遊ぼうと画策してたのに、なかなか終わらないんだな、これか。人間努力を忘れちゃお終い、って思ってるくちなので頑張ります。
 でも来年自分が入社する会社はこんな忙しい処じゃなきゃいいんだけどなあ・・。
[PR]
b0046290_2235598.jpg

忙しい1日でした。めんどくさいので本日の出来事を箇条書きで。

・午前2時東京出発。
・R20を一路西へ。
・道志道経由で山中湖へ。
・山中湖から富士山外周を左回りに進む。
・途中樹海に進入し、風穴を観察。(夜が明けてないので暗くて見えなかったが)
・朝霧高原にて夜明けを迎える。
・富士山御殿場口へ向かう。
・1時間程度の登山!?というか散策←写真
・R246で一路東京へ。
・渋滞でイライラ。
・午後2時帰宅。
・午後3時学校へ向かう。
・午後4時卒研開始。
・午後8時30分帰宅。
・夕食、風呂そして今に至る。

 本日歩いた御殿場口からのエリアですが、真冬になれば一面雪に覆われたBCエリアとなります。もちろん真冬の光景も感動的に素晴らしいのですが、雪の無いこの時期の光景もなかなか良かったです。しかし風が冷たく完全に冬の気候ですね。早くとこ積雪を期待したいところです。
[PR]
by gxer | 2005-11-23 22:04 | PHOTO
b0046290_093149.jpg

 なんだかバトンなるものが回ってきました。
 小学校の時リレーで使ったいた懐かしいあれですが、最近ではネット上で質問を回し合うのが流行っているようです。

バトンオブロスエンジェルス from nao@月島

(1)兄弟構成
4個上の姉が一人。認めたくはないがダメ人間。
せっかくフリーターという融通の利く立場にいるんだから、
がっつり金貯めて海外旅行でもなんでも、好きなことすればいいと思うのに。
でも、そんなにやりたいこともないらしい。

(2)なによりも一番大切なもの・こと
地球の自然と平和。自分を磨きつづける心。自転車。河川敷の道。

(3)自分でも不思議なくらい興味がわくもの・こと
まっさらな新雪の雪面に重力を利用し、弧を描くこと。

(4)吐き気がするくらいゆるせないもの・こと
理不尽にチャリの俺を煽る車。どくスペースないんだよ!!
煽る車は大抵一人しか乗ってないし、でかい車だ!!

(5)なんかくだらないもの・こと
混雑した電車で人を押しのけてでも席を確保する人。

(6)人間関係で重要なもの・こと
時間を守る。約束は忘れないかなぁ。
あとは素の自分で…。

(7)自分から見る自分
下向いちゃ駄目!!

(8)バトン渡す人
べるさんどーぞー。
[PR]
b0046290_093068.jpg

 今日は結構走ったな(もちろんチャリで)。家から荒川行って、赤羽行って、それから神保町行って、銀座行って、それから帰宅。走行距離62km。

 神保町ではブーツのブーツの試着する予定だったんだけど、偶然アルペン行ってみたらなんとシマノのアキュブレードが置いてあって、それが結構な安値で驚き。アルペンorスポーツデポ専用の廉価モデルらしいんですけど、ブーツ+ビンディングでなんと35k円!!結構長い時間、試着してじっくり考えてたんだけど、ブーツのフィット感も悪くないし、アキュブレードの脱着も結構しっくりくるし、おそらく今所有しているバートンのビンディング売り払って、これに乗り換える予定!!ふふふ。 (でもよくよく考えると、一番下のグレードのブーツにはアンクルストラップがついてないので、ちょっと考え直してみるつもりです)

 その後、銀座に移動してnao@月島さんと友人のテレマーカーの方と3人でお食事。銀座でハンバーグは初体験でした。思ったより値段も高くなく、ほんと美味しかった。いつかまた行きたいなあ。・・・って店の名前忘れました、スミマセン。

 その後、家に向かって走り始めたんですがね、今日はやたらお巡りさんと警察車輛が目に付くな~っ思ってて、信号待ちの時にお巡りさんに聞いてみたら、どうやらプーチンさんが来てるそうな。意外と気さくに会話に応じてくれてビックり笑。しかし、どの交差点にもお巡りさんいて、いつでも道路封鎖できるように準備してるし、普段見ないような警察車輛が10数台も並んでたりして、結構な迫力でした。写真は神宮外苑。道路の両脇に車輛がずらり。赤坂見附も凄かった。
b0046290_094211.jpg

P.S. バトンは明日書きます!
[PR]
b0046290_071047.jpg

 最近は学校で忙しくていろいろ疲れることが多くて、ちょっとでも気分を晴れさせようと、帰り道はチャリでいろいろ寄り道して帰ってます。
 そんな中出会った心癒される光景の写真を何枚か。どれも水辺の写真ですねぇ笑。

1枚目:皇居祝田橋より日比谷。
2枚目:皇居外苑。
3枚目:勝鬨橋よりリバーシティ。

 新潟にはちゃくちゃくと雪が降っているようです。関越道チェーン規制だし、湯沢の町も真っ白!このまま降りつづけ♪

 ちなみに『空風の帰り道』というミスチルの曲があるんでが、いい曲です。シフクノオトというアルバムに収録されています。
b0046290_072182.jpg

b0046290_073794.jpg

[PR]
by gxer | 2005-11-19 23:45 | PHOTO
b0046290_1203769.jpg
積雪キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
群馬と新潟の県境の三国峠です。
これからの時期は毎日ライブカメラをチェックするのがひそかな楽しみになるわけですよ。

当分滑りには行けないんですがね(´・ω・`)

新潟LIVEカメラ
http://www.live-cam.pref.niigata.jp/
http://www.live-cam.pref.niigata.jp/camera/cam17_1824.html
群馬県側ライブカメラ
http://test.bench.co.jp/takasaki/info/kishou/live/mikuni.htm
[PR]
b0046290_032826.jpg

b0046290_0737100.jpg

 フォトショップで色々画像をいじくってみたりしました。池袋のサンシャインシティーから撮影した首都高速池袋ランプです。

 先日のドイツ写真展で知ったことなのですが、プロのフォトグラファーも普通に写真にデジタル処理を施すんですね。補正どころか合成なんかをして、作品にしてる人もいたりするし。
[PR]
by gxer | 2005-11-15 23:45 | PHOTO
b0046290_03287.jpg

 本日は竹橋の国立近代美術館で行われている「ドイツ写真の現在」という写真展に行ってきました。といっても最初から行きたいと思って行ったわけではなく、ただ通りがかったら面白そうだったので入ってみただけですが笑。入館料は学生350円、一般650円で期間は2005年12月18日(日)まで。

 プロの写真家の作品をまじまじと見るという経験は初めてだったのですが、それなりに得るものはあったと思います。様々な作者の写真が展示されていたのですが、どの作品んも本当に個性的です。工場地帯の写真ばっか撮ってる人もいれば、風景写真ばかりの人、ミニチュア模型で再現した家を撮影する人…。

 一番気に入った作品は、Andreas Gurskyという方の作品で、ライン川を真横から撮影した作品。何が凄いかというと写真の大きさから伝わってくる迫力。資料によると今回展示されていたものは207cm×357cmという大きさだ。とにかく凄い。ネット上の写真じゃ大したことないように見えるけど。

 話が長くなるから次の話題へ移るけど、ドイツ写真のチケットがあれば近代美術館の所蔵作品展、「近代日本の美術」という展示も見れるというのでとりあえず見てみた。正直眠たくなっちゃうような作品ばっかだったけど、少しはいいなと思える作品に出会えた。例えば岡本太郎の半世界という作品は良かったと思う。詳しくはわからないけど、1950~60年代のモダンな造形手段による新たな抽象作品(←解説文必死で覚えた)とかいうものらしい。いいものは色褪せないなぁ、と。

 しかしですね、写真展とかその類の催し物に来る人って綺麗な人が多いですね(・∀・)!! 今回は年齢層も結構若めでしたね。また行きたくなってしまいました笑

東京国立近代美術館:ドイツ写真の現在 ― かわりゆく「現実」と向かいあうために/アウグスト・ザンダー展
[PR]
by gxer | 2005-11-13 23:45 | PHOTO
b0046290_19262694.jpg

 昨日は練馬の駅前で祭りやっていたみたいです。凄い人出にびびり。

 今日は、新宿にてチャリ通学中立ちゴケ。信号待ちで微妙にスタンディングで足付かないで耐えてたんだけど、いざ発進しようとしたらハンドルが変な方向向いてて、それなのにペダル漕いじゃったからバランス崩して、ズコッっと笑。右ひじ&腰強打。それ以上に精神的に痛かった…。

 教訓:でしゃばるのはやめましょう。80%の力でいきましょう。

 ではでは。
[PR]
←menuへ























































AX