<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

b0046290_2249109.jpg

ETCの通勤割引を適用させるべく、赤城高原で時間調整をして6時ジャストに月夜野インターを出たのだけど、そっから三国峠を越えると、みつまたロープウェー始発便はかなりギリギリな感じ。

でもどうにか準備を済ませて、リフト券を買おうとしてると、係員が「第1高速とかぐらゴンドラは落雷のため点検中~」とのこと。単なる点検なのかもっと事態は深刻なのかはわからなかったので、どうするか判断は難しかったのだけど、さっさと田代へ行くことに。

今シーズンは自分の判断がつくづく裏目に出ることが多かったので、この日も諦め気味に田代に向かったのだけど…。

8時のロープウェーで上がり、どんどん奥地に進むものの、かなりの濃いガスに包まれたまま。でも第6ロマンスを上がり、チャレンジコースに入るぞ!って時に薄日が射したのは嬉しかった。残念ながらチャンレジコースは期待に反してボコボコでしたが。

b0046290_233335.jpg

何本か滑ったとき、かぐら連絡コースオープンのアナウンス。え?あぁ、雷の被害はなかったのね、と勝手に思い込みつつかぐらに向かうものの、かぐらの高速リフトは動いてるものの、ゲレンデには人の気配がほとんど感じられない…。ってことは、キター!!かぐらゴンドラは動いてないのか!

ってことで、かぐらは田代からはるばるやってきたものの貸切状態に・・・!平日でも滅多にないような空きっぷりのかぐらを満喫させていただきました↓

b0046290_2334751.jpg


この日は朝は濃霧だったこともあり、天候に不安があったので、10時を過ぎるとだいぶ安定してきたので、ちょこっと登ってみることに。ひさしぶりのかぐらハイクなので、もうウキウキでした。

b0046290_2364345.jpg

向かいの尾根に日が差し込んでとても綺麗。

b0046290_23164235.jpg

5ロマ下り場で一休みしてると、ちょっと陽が陰ってきた。太陽が出たり隠れたり。

個人的には、曇りで長い距離滑るより、短くても太陽の日が差してる状態で滑るのが好きなので、この日は陽が出てるうちにさっさと滑り下り、あとはゲレンデランを楽しみました。17時まで…。

t2/0.5/1.0
[PR]
b0046290_23195372.jpg

とりあえず写真だけ載せてみる。
[PR]
b0046290_23304216.jpg

群馬から帰った翌日の日曜は、久しぶりの自転車Dayでした。
この日は荒川を上流にまったり、まったりと。
しばらく乗ってなかったせいか45kmで太ももが限界。
でもやっぱ冬の冷たい空気の中のライドはいいですね!
[PR]
b0046290_21405778.jpg

b0046290_2141157.jpg

b0046290_21413836.jpg

会社のスキースノボサークルみたいなものに参加するため、尾瀬岩鞍へ~。

尾瀬岩倉といえば、数年前までボードの滑走が禁止されていたから、スキー色が強いスキー場という先入観があったけど、スノーボードの人も結構いた。

ここのスキー場、コースレイアウト、斜度、コース幅のどれもなかなかのものでした。写真の通り気持ちよさそうなフラットバーンも結構あります。雪質の良い日にガンガン滑るというなら楽しめそう。あと非圧雪も少なからずあるため新雪が積もった日もなかなか期待できそう。

しかし、この天気のいい日にかぐらBCに行けなかったことが、とても悔やまれる…。
[PR]
b0046290_23201541.jpg

b0046290_2317443.jpg

b0046290_2320057.jpg

休み1日しかなかったから、家でゆっくりするつもりだったんだけど、いい感じで雪が降り続いている上に、友達が八海山に行くということで、同行させて貰うことに。

関越トンネルを越えて思うのは、やっぱし雪の少なさ。六日町から八海山に向かう道も、昨年、一昨年より2mは積雪が少ない感じ。

そんな期待と不安が混じりつつも、ロープウェーを降り右側に進んだ斜面へdrop in!! 一瞬いい感じか?と思ったのもつかの間…、酷いコブの底付き斜面でした(笑)

自分の求めるものとは少し違いましたが、やはり新雪と戯れるということは楽しいものです。滑りづらい新雪をどれだけスピード上げて、どれだけ狙ったラインを、どれだけこけずに滑れるかって、そんなこと考えながら滑るのも、ほんと楽しいもんです。(実際は、曲がんねぇ~とか、エッジ切りかわらねぇ~って、歯を食いしばりながら滑ってるわけですが。)

一通り楽しんで早めの昼ご飯を楽しんだ後は、久しぶりの7人という大人数で、左の方のコースでひたすらコース脇の新雪に当て込んだり、ある時はギュンギュンカービングしたり、迂回コースで遊んだりと楽しい1日となりました。

帰りは温泉でゆっくりして、贅沢にも釜飯なんかも食べて、今シーズンで一番がっつり滑り、一番アフターも満喫し、しかし一番疲労した1日でもありました。おかげで今日は仕事中、眠気でヤバかったのは言うまでもありません。
[PR]
b0046290_23202182.jpg

ライブカメラに写っていた真っ白な三国峠に浮かれて出陣したら、強風の為かぐらクローズ…。
せめて、かぐらゴンドラまで動いてくれたら良かったのになぁ。

それでも粘り強くみつまたで滑っていたものの、みつまたも午後3時前にクローズ。
なんかもう笑っちゃうような風の強さでした。

ただ、リフト代は500円払い戻しされて、次回1000円の割引券も貰えたので良かった。

ちなみにこの日は、ある種のガツガツ系の人がいなかったので、みつまたリフト一番乗りできましたヽ(´ー`)ノ
[PR]
20070101

元旦朝、八幡平にて久々な面々と合流。
この日は茶臼ツアーに同行させて頂いた。

b0046290_233033.jpg

↑天気は快晴。岩手山と、遠くの早池峰を望みながらハイクアップ。
雪はやはり少ないようで、昨年2月とはハイクルートの様子も全然違った。

b0046290_2333694.jpg

↑茶臼岳。
既に何本かトラックがついてる。

b0046290_2335814.jpg

↑で、ここからdrop in!! でも1ターン目でさっそくコケる…。
雪が想像以上に重たかった(という言い訳w)

b0046290_2341680.jpg

↑それでも気持ちよかったので登り返し。

b0046290_2343365.jpg

↑二本目はまともに滑れた。

b0046290_2344987.jpg

↑同行人の滑り。
しかしあんたの滑りはほんと良くスプレーが上がりますな~。

b0046290_235685.jpg

↑ランチを食べ終わった頃に天候が崩れ始めたので、慌てて下山開始。

この下山も雪が少ないために、簡単にはいきませんでした。
横移動あり、トラバースあり、密なブッシュを避けつつの滑走あり、先の状況がイマイチわからない40度くらいの斜面あり…という感じで難しかったのですが、個人的には、こういうのは苦労は好きです。楽しいと思います。
でも楽しめたのも安全なルートファインディングをしてくれた方々のおかげ、ありがとうございます。



20070102

b0046290_2352851.jpg

この日は、午前券で八幡平下倉でまったり。
下倉には昨年も行ってます。
何気に気に入ってます。
どこだよ、そのローカルスキー場は、って感じですが。

b0046290_23102616.jpg

東北トリップもこの日で最後。午後1時まで滑った後、すぐに東京に向け移動開始です。
帰りは県道とか広域農道とか駆使して帰ってみました。
写真は、岩手南部の広域農道にて。なんだか岩手っぽい風景だと思う1枚。

最近は運転してるとすぐに眠くなってしまうので、仮眠とる時間が長くなって、
到着には相当時間がかかることが多くて、今回も東京についたのは出発から13時間後…。
疲れました。でも無理して事故るくらいなら、時間かけて帰るほうがよっぽどマシですね。

t1/0.5/0.5
[PR]
20061230 八甲田

b0046290_21421665.jpg

幸運なことに、29日の積雪のおかげで30日からかなりまともなコンディションとなってくれたようだ。
少し前には雨が降ってスノーブリッジが融けたりと、結構酷いコンディションだったらしい。


青森に行ったのが始めてならば、もちろん八甲田も初めて。
ロープウェーに乗ること10分、到着した山頂駅はビッシリとエビのしっぽに囲われていた。

b0046290_21423180.jpg

この日はあいにくの天候だったけど、ツアーは銅像コースへ。
このコースは少し滑って沢底まで進んだら、スノーシューを装着しハイク開始。
ここのハイクは、ハイクアップではなく、木々の間を縫う横移動といった感じ。

b0046290_2142471.jpg

ハイクが終わったら、いよいよ滑走!
オープンなバーンを2枚くらい滑ったら、あとはツリーラン。
最初は間隔の広かったツリーも、終盤ではだんだん間隔が狭くなってきて気がぬけない。
でも軽い雪なのでとても楽しい。

b0046290_21431116.jpg

午後はハイクのない軽めのコース。決して長い距離を滑れたわけではなかったけど、軽い雪に満足満足。



20061231 八甲田

b0046290_21433266.jpg

雪はまだまだ降り止まない!
でも八甲田に向かう車は登り坂で止まってしまいそうだ!
新たな積雪は酸ヶ湯温泉で45cm程あったらしい。
ツアーはこの日も、銅像コースへ。ただしまったく同じ場所を滑るわけではなかった。

b0046290_21434658.jpg

オープンなバーンはあっという間に終わり、あとは気の抜けないツリーラン。
ここもあと1,2m積雪があったらだいぶ楽しくなりそうなのだけど…。

b0046290_2144673.jpg

午後はフォレストコースとロープウェーの間のエリアを滑った。
上部の斜面は気持ちよかったのだけど、後半のトラバースがきつかった。
進路が10cmでもズレたら木に激突!って場所が多くあり、かなり手ごわい。
1回だけスピードが出すぎてトラバースラインから外れて、木に激突しそうになったり…。
ここらへんの滑走技術というか慎重さはもうちょっと必用だなぁ。

b0046290_21442248.jpg

滑り終わった後は、酸ヶ湯でゆっくりした後、黒石IC経由で八幡平へ!!
酸ヶ湯は由緒と風格のある湯治宿ですが、何より凄いのは酸性の強さ。
なんとPH2。入っているうちに肌が痛くなってきました。
ちなみに混浴だけど、湯気が凄くて何も見えません。
でもこれもゴールデンウィーク以降とかで気温があがると、湯気も出なくなるらしい。
[PR]
b0046290_22135017.jpg

あけまして、おめでとうございます!!

東北トリップから戻り、ようやく一段落。

今年も昨年同様、

色々な地に足を運び、
色々な人と話をし、
色々と体を動かし、
色々楽しむ。

そんな1年にしたいなぁと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

写真は八幡平で向かえた初日の出。
[PR]
b0046290_201426.jpg

DAY4 茶臼岳BC
標高が高いところはちょいと重めだけどノートラック。それも凄く天気が良かった!!
しかし標高が下がると…、薮。
色々苦労しましたが楽しく充実した1日でした。

DAY5
13時までまったり八幡平下倉で滑り、現在帰京中

写真は初日の出。露出がだめだめだぁ。
[PR]
←menuへ























































AX