<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0046290_23485225.jpg

仕事帰りに見てきました。
後腐れのないストーリーがとても好印象でした。
映画館で見ると、バイクの排気音が迫力あっていいですね。

ストーリーは、NZの片田舎に住むおっさんが、おんぼろバイクをアメリカに持ち込み、世界最速にチャレンジする。そんな長年の夢をかなえる。という話で、実話を元にしているそうです。

水曜日って映画1000円で見れるみたいで、お得ですね。
[PR]
b0046290_0152583.jpg

ちょっと余談になるけど、今年のホンダのF1カーのカラーリングが凄い!
スポンサーロゴをほとんど排除したアースカラー…。
大企業のこうした大胆な決断には惚れ惚れしますな。

http://fmotor.nifty.com/f106/2007/02/nf1_2684.html
[PR]
b0046290_23585048.jpg

午前6時40分

綺麗な木々を眺めながらのハイク。この風景にはとても見覚えがある。忘れもしない、初めてこの地を訪れた日。深い霧に包まれルートを見失った時に目にした光景、でした。


λ λ λ λ λ

b0046290_23593084.jpg

午前6時40分

遠くの山々も綺麗です。箱根の山々でしょうか。


λ λ λ λ λ

b0046290_23594217.jpg

午前7時24分

さぁて、お待ちかねの富士山を眺めながらのハイクタイム♪
富士山まで近すぎず、遠すぎず、適度な距離。
この日は少し雲の量が多めでした。なんだかこの雲、魚みたいに見えません??

ここらへんは、見た目思ったほど斜度がないように見えて、実際は結構斜度があるので、思った以上にしんどいです。
写真左に木の杭が見えますが、1区間あたり5分位かかると思っていいでしょう。


λ λ λ λ λ

b0046290_23595810.jpg

午前8時35分

1時間半かけて緩やかな斜度を登りきりました。一段落です。
雪は非常に少ないですね。事情通によると、3月4月の方が積雪量が増えるそうな。

b0046290_001389.jpg


つづく
[PR]
b0046290_23121412.jpg

午前3時30分

3時間の浅い眠りから覚め、こっそりと家を抜け出す。日曜未明の東京の住宅地は、恐ろしい程にひっそりと静寂に包まれている。その静寂を駐車場まで楽しむ。

車に乗り込みエンジンをかけすぐに出発。ハンドルの冷たさに手をまるめ息を吹きかける。オーディオから流れてきたのは、偶然にもビートルズの「Get Back」。なんだか嬉しい。

ガラガラの幹線道路をそこそこのスピードで走ってると、後ろから一台のそこそこ以上のスピードの車がだんだん近づいてくる。そして自分の車を抜き去る。

・・・その見覚えの有る車は、一緒にBCもやる友人の車だった。思わず加速してパッシング&クラクション(笑) まったく大人気ないですねぇ。赤信号で横に並ぶ。

俺「どこ(の山)行ってきたの?」 友「○○(ラーメン屋)」 俺「なんだ(笑)これから山行くけど、一緒にどう?」 「あ~、明日も仕事」 俺「そか、お疲れ、んじゃ」

時間が遅いので、フルに高速を利用。ちょうど100km弱で1250円。


# # # # #


午前5時30分

ハイク開始ポイント着。道路脇に車を止める。


# # # # #


b0046290_23123976.jpg

午前6時00分

ハイク開始。少し登り始めたところで日の出。

b0046290_2313334.jpg

b0046290_23134040.jpg

真っ赤に染まった朝焼けに、真っ赤な太陽。実際はオレンジ色なわけだけど、これほど「真っ赤」という言葉が馴染むシーンはないよなぁ。綺麗さにただただため息が出るばかり。

b0046290_2314377.jpg

そして日を受けた富士山も真っ赤に染まっています。そう、今回のトリップは富士山BCでした。

つづく
[PR]
b0046290_6241067.jpg

b0046290_6242618.jpg

b0046290_6244870.jpg

[PR]
b0046290_21564162.jpg

ここ2、3週間、持病が悪化して体調を崩していて、週末は家でゆっくり休んでいます。

先週の3連休は、温泉療養を兼ねて福島まで行ってきましたが、家に帰るころにはヘトヘトな始末。ちなみに温泉に浸かるのがメインで那須高原と磐梯熱海の温泉に浸かってきましたが、ついでだからということでアルツ磐梯のナイターも滑ってきました。
僕の場合、ナイターを滑りたいという欲求は結構強いものの、ほとんど滑る機会はなく、本当に久しぶりのナイターでした。ナイターって照明が横から当たるからか、雪面状況がよく見えてすべりに集中できるところがいいですね。
しかしこの日は、昼間に雨でも降ったのか、あいにくの雪質。春のようなシャバシャバボコボコの雪質でしたが、何本かかっ飛んで滑って、何回かエッジが抜けてかっ飛んだら、結構満足できました。たぶんリフト4本位しか滑ってませんが。

b0046290_2157256.jpg

*****

先週末に読んだ村上春樹作、アフターダークより

     「君のお父さんは刑務所に入ったことある?」
     マリは首を振る。「ないと思う」
     「お母さんは?」
     「ないと思う」
     「それは幸運なことだよ。君の人生にとってなにより喜ばしいことだ」と高橋は言う。
     そして微笑む。
     「おそらく君は気がついていないと思うけど」


とても共感できる話です。いや、僕の両親は刑務所なんか行っていませんが、あくまで“普通”ということがどれほど幸せだということです。
僕が持病を持っていない人を羨ましがれば、僕が健全な2本の手と2本の足を持っていて、スノーボードに乗れて自転車も漕げることをを羨ましがる人もいるでしょう。

*****

先週末に読んだ村上春樹作、アフターダークより

     「マリちゃん。私らの立っている地面いうのはね、しっかりしていうりょうに見えて、
     ちょっと何かがあったら、すとーんと下まで抜けてしまうもんやねん。
     それでいったん抜けてしもたら、もうおしまい、二度と元には戻れん。
     あとはその下の方の薄暗い世界で一人生きてくしかないねん」


こちらは少し極端な話かと思いますが、自分もたまに足ともが抜けてしまい、間一髪、片腕でぶら下がっている、という気がしてなりません。
この「片腕でぶら下がる」という間隔を理解できないあなた。あなたは幸せです。その幸せを大切に生きてください。

*****

この週末も家に篭りがちだったのですが、日曜の夕方にはだいぶ健康面でも復調してきて、若干精神的な余裕が生まれたので、ちょこっと近所を自転車でライド。風は冷たく体力的にも厳しかったのですが、とても気持ちよかったです。

自転車に乗れるということは幸運なことです。おそらく大抵の人は、そのことに気付いていませんが。

b0046290_21572063.jpg


t/0.1/0.6
[PR]
b0046290_19515392.jpg

今日ではなく、先週日曜の日記です。怠けすぎですなぁ。

土曜夜はちょびっと降雪があったようだけど、朝には晴れ!
田代ロープウェーからの光景は素晴らしいもので、楽しい1日の予感を感じるには十分なものでした。

やはりゲレパウを楽しむという程の積雪はなく、(それでもかぐらに移動中の緩斜面の脇パウは気持ちよかった~)、さっそくハイクで上がることに。さっそくと言っても、そこはみつまたから上がってきた人達のほうが早く準備に取り掛かっており、自分達が出発できたころには、ハイクルートも固く引き締まっていました。

人が多くて、前の人につっかえたり、後ろの人からおったてられるのが嫌だったので、5ロマまでは田代側の尾根際を登ってたけど、まだ誰もトラックつけてなかったので、5ロマ下の急斜面のハイクに少々難儀。林の中のルートの方が斜度は緩いのか!?

b0046290_1953103.jpg

この日は、人多すぎの中尾根は諦めて田代に向かう尾根上のルートを滑ろうということで、神楽峰に向かいました。中尾根の滑走もいいけど、神楽峰に向かうハイクルートの景色もいいですよねぇ。天気も良く、むしろ天気良すぎて汗だらだらでしたが、写真撮ったりしながらゆっくりとハイクしました。

b0046290_19534271.jpg

神楽峰の1個手前のピークに着いた時、なぜか急に雲が・・・。なのでゆっくりする間もなく、急いで滑走の準備。あいにく少し天気待ちしたら回復してくれたので、すかさずdrop in↓

b0046290_19535453.jpg

ここの尾根を滑るのは2回目で、木々の間を縫うような快適なツリーラン・・・とはいかずなかなかスリリングなコースですね。

今回のここに来たかった理由が一つありまして、それは田代から見える電波の反射鏡を間近で見ること。この反射鏡はたしか先シーズンには設置されていたと記憶しているのですが、気になっていたんですよね。

んで、実際に間近に見ることができました↓

b0046290_1954519.jpg

デカイっす。想像より2倍くらいの大きさでした。設備の説明書きには、マイクロ波の反射鏡とありました。何のマイクロ波なんだろう…。

反射鏡と記念撮影した後は、オープンな斜面を楽しむのみ!と意気込むものの、端っこの方を滑ってたときに見えない凹みにやられゴーグル雪まみれ(笑) まぁ楽しかったからよかったんですがね。

まぁそんな1日でした。

b0046290_19541682.jpg

[PR]
←menuへ























































AX