<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

b0046290_1282732.jpg

前半、某山でキャンプツアー。
後半、月山でちょっとBC、残りは日光浴の予定、です!

写真は2004年5月の月山。
CASIOのEXILIM(EX-S2)で撮った写真です。
このEXILIMは、当時としては驚きの薄さで話題となりましたが、パンフォーカスレンズであったことが、欠点であり利点でありました。
しかし、最近のカメラじゃ屈曲光学系を押し込んで、これに近いサイズでオートフォーカスを実現してしまうのですから、技術の進歩とは凄いですね。
b0046290_1332839.jpg

[PR]
b0046290_026253.jpg

借りたバイクは、HONDA CB400 ボルドール。あのCB400のカウル付きモデルです。カウルがつくことにより、高速走行時の快適性が違うとかいろいろありますが、なによりスタイルが『ダサカッコイイ』のでいいですね。

動力性能も、「普通免許でのれるくらいだから・・・」と軽く考えていた自分としては、ほんと驚きの加速。低回転トルクも十分にあれば、高回転もVTECのおかげか、ギュンギュン伸びます。

途中、一緒に行った同期の同僚のD-TRACKERにも乗りましたが、最初に速くて快適な物に乗ってしまうと、ちと物足りないですねぇ。軽くて取り回しはいいものの、250CC単気筒エンジンだからか低回転のトルクが細いというか、パワーバンドが狭いのでシフトチェンジをしっかりしないと、すぐにもたついてしまいます。

まだまだバイクを購入する予定はないけど、もし買うとしたら、このバイクみたいに、しっかりしてるバイクがいいよなぁ~。
b0046290_051612.jpg

[PR]
b0046290_634527.jpg

おいおい・・・。
四月も下旬になりつつあるというのに、どうりで寒いわけだ。
本当に季節が数ヶ月ずれてる感のある06-07シーズンでした。
[PR]
b0046290_2343143.jpg

月曜なのに疲れてるなぁ~。今週は毎日残業頑張らんとなー。

土曜は記念すべきバイク免許取得後初のツーリング!レンタルバイクを借りて富士山一周へ!

行きは同志道で帰りはR246。山中湖からは左回りで途中吉田で鍋焼きうどんを食べて、御殿場でファミレス休憩。あとは写真撮る以外走りほとんど走り続けていたと思う。
走行距離は300kmだけど、なんだかんだで10時間の行程でした。

b0046290_23433069.jpg

感想は…、かなり疲れました。足首も膝も痛くなって、クラッチ握っていた左手首も限界寸前。2日経っても多少疲れが残ってます。

でも楽しかった。
車のドライブとは全然違う。自分自身で操っているという感覚が凄くいい。そして加速はありえないくらい凄い。そのままあの世にワープできそうなくらい(笑)

けどやっぱバイクは危険だなぁって事もとても感じた。「女の子を後ろに乗せて!」なんてあんま思えない。

次は秋くらいかな。
半年に一度くらいなら悪くない!

つづく
b0046290_2343435.jpg

[PR]
b0046290_2311716.jpg

本日は休日出勤の代休。真昼間からいろいろ歩き回れるっていいですね。

まずは昨年9月に教習所を卒業して以来、放置しっぱなしだった卒業証明書を持って府中試験場へ。やっと免許証に「普自二」の文字が併記されて、これで晴れてバイク乗れるようになりますヽ(´ー`)ノ。とは言っても当分バイクの購入予定はありません。

なんか今回からICカード免許証となったようです。前より分厚くなりました・・。これ以上財布の厚みを増やさないで欲しい・・。

中央線の新型車輛初めて見ました。これが新型かぁって写真撮ってたけど、よく見たら「快速東京行き」。のんきに写真撮ってる場合じゃなかった・・・。

行きは京王線で調布まで行ったけどやっぱ京王線はいいですな。通勤で使っている小田急より全然速いし、乗り心地も良くて静か。小田急はほんとダメダメ。接続が悪けりゃ、運転も荒いし、揺れも酷い。

中央線で新宿まで行き、定期的に通っている病院へ。特に体には異常はなし。あえて気になる点を挙げるとすれば、なぜ薬局の薬剤師は綺麗な人が多くて愛想もいいのかな~ってことだ。1日中あんなに愛想振りまいてたら疲れちゃうじゃないかと心配だ。

以上、平日の休日な1日でした。
[PR]
b0046290_22201011.jpg

やっぱネガティブな話は駄目ですね!

結局土曜いっぱいかかっても仕事が片付かなかったという話はどうでもいいとして、今日は起きたらもう11時だったので出社はあきらめ、久しぶりに自転車にまたがりぶらぶらと。

自宅から荒川まで走り、そこから荒川を下流へ。向かい風の強さに嫌気がさし、国道6号で都心へ向かう。

浅草→御徒町(自転車屋さん2店とアウトドア用品店に立ち寄る)→春日通り→不忍通り→目白通り(目白でCalafateに立ち寄る)→自宅。という感じで40kmちょいと。

程よい疲労感が心地よい…。明日は始発電車で会社に向かう意気込みなため、そろそろ寝ますか。
[PR]
酷く不機嫌なので仕事の愚痴を吐かせてもらう。
こんなことで弱音を吐くなんて情けないけど、事実弱い人間だからしょうがない。

全部帰りの電車の中でつづりました。

冷静に考えるとそこまで悪い状況ではないけど、もっと悪くなって内面だけの苛立ちでなくなってしまう前に毒を吐いておく。

一般的に仕事において、仕事のスピードと仕事の出来栄えはトレードオフの関係。人によって能力の差あれど、たぶんみんなそう。

一般的に仕事の〆切は厳しく設定される。でもやり過ぎはよくない。

自分の場合、最初は3週間だった〆切を1週間伸ばしてもらい、さらに1週間伸ばしてもらい、残りは3日後の月曜まで。

この1週間は、毎日残業しまくって精力的に仕事をこなした。だけど、仕事の終わりはなかなか見えてこない。

つまり5週間かかっても終わりそうにない仕事を3週間でやれといわれて、既に2回〆切を守れなかったわけだ。

もう、3回目の〆切延長はないと思っている。


で、無理な日程で仕事を終らすにはどうしたらよいか。答えは「手抜き」。いい加減でいいなら仕事は終る。ただその後苦労するのは自分であり、上司であり、その他多くの周りの人であり。必ずボロがでてくる。だからやるべき事は必ずやらなくてはならない。

どんな仕事にも様々な“責任”がつきまとう。どんな小さなミスでも、それが全てを覆してしまう可能性は否定できない。

この場合の責任とは、自分の携わっている製品設計の場合、最悪、“死”。今設計してる製品は子供くらいなら死に至らしめる危険性をもつ。だから本当に真剣に取り組まなくてはならない。


もし自分が次の〆切を守れなかったら自分の評価は著しく下がる。

また、適当に丸くおさめて仕事を終わらせた結果ボロがでたら、これまた悪い評価となる。

じゃあ、休日出勤までしてそこそこ納得する出来の仕事ができたとしても、その場合だって「頑張りましたね」とは言われるかもしれないが、“日程管理の出来ない人”という判を押されてしまう。

少なくとも休日出勤や過度の残業は決して良い評価には結びつかない。そして自分としても、休日出勤までして仕事を終わらしても嬉しくない。

つまり現状において正しい答えはなに一つない。間違っているのは能力のない自分であり、日程管理のできない上司でたり、無理な計画を押し進める会社でもある。

今の仕事は本来楽しくやりがいのある仕事だけど、正直〆切という縛り一つでとてもつまらないものとなっている。


一番最初に書いたけど、冷静に考えるとそこまで悪い状況じゃない。明日、明後日と朝から晩まで働けば、事態を丸く収めることくらいは出来るだろう…。
[PR]
b0046290_0115498.jpg

※写真はタイトルとは特に関係ありません。

富士山関連のニュースを一つ。

<富士山>南西斜面で土砂崩れ 新5合目の派出所も流される
3月29日19時49分配信 毎日新聞

 静岡県富士土木事務所は、富士山南西斜面の標高約2800~2000メートル付近(富士宮市)にかけ2筋の土砂崩れを確認した。新5合目(約2400メートル)の県警富士山警備派出所が土砂に流された。また、県道富士山スカイラインの14カ所で、道路が幅約20~200メートルの土砂で埋まったという。いずれも冬季閉鎖中でけが人はない。
 同事務所によると、富士山南側では24日夜から25日朝に、総雨量217ミリの大雨が降り、雪が解け出して土砂崩れが起きたとみている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000105-mai-soci


標高差800mって凄すぎ・・・。

この雪崩によって、富士山スカイラインの冬季閉鎖解除も延期されたとのこと。
GWまでには開通するといいのですが。


あと、“富士山 雪崩”で検索かけたら興味深いページが引っかかりました。

スラッシュドット ジャパン | 富士山のスラッシュ雪崩の撮影に成功
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/03/27/0254259&from=rss


今までスラッシュ雪崩という用語は知っていたし、その威力もすさまじいという話も聞いていたけど、これほどまでの威力だとは想像してませんでした。

At your own risk.
[PR]
b0046290_6384770.jpg

多少復活!!

滑りにいける積雪じゃないし、すぐ融けてしまうだろうけど。
[PR]
b0046290_10155580.jpg

3/18の日曜日の話なのでもうだいぶ前の話になりすが、パウダーステーションでVectorGlideのボードを借りていたので、それについて。

借りた板は07-08ニューモデルのMARKⅢ(163cm)というモデルで、GENIUSとVERIESTの中間の性能を狙ったモデルだそうです。
偶然にも借りる前日に入荷したばかりということで、GENIUSを借りる予定を変更して借りさせていただきました。一番乗りです!

パウダーボードはFish156しか乗ったことがないので、まともなレビューが出来るとは考えていませんが、素人的に適当に書かせてもらうと、

・ スイングウェイト(?)軽し(Fishと似たような感じ)
・ なので高速ロングターンにはあまり向かない
・ 長さがあるので浮力は十分だけど、後ろ足・・痛くなった。
・ 重量もあるので、安定性よし!
・ ゲレンデカービング、問題なし!楽しめます。ちょっと固めか。(←体重50kg前半です)

といったところです。
雪がよかったせいもありますが、田代のリ○ト下でもポジティブな滑りが出来たことには驚きました。

b0046290_10161551.jpg

正直な話、乗り味を比較するならFishでも大差なく感じましたが、個人的にはグラフィックが素晴らしいと思いました。ほんとグラ買いしそうなところです(笑)
でも価格を考えると、g社やe社の個性的なボードと同じ価格帯なだけに、ここでFishと似たような板を買うという選択は難しいです。

いちおう以下、カタログより(とうたっているwebページより転載)

GENIUS.VERIESTに続き、ヴェクターグライド3機種目となるマウンテンボード。 163センチというレングス、フィッシュテールはVERIESTをさらにコントローラブル、シャープに仕上げたボードです。フラットからパウダーまでハイスピード、クイックなターンが可能です。VERIESTのカーヴィング性能とGENIUSのクイックなコントロールを併せ持つ異次元ボード。パウダーだけでなく、ハードなコンディションにおいてもオープンからツリーまでライダーの意思に素早く反応し、イメージどおりのラインをトレースすることができます。

以上。



そうそう、この数日後の21日の話ですが、早めにみつまた駐車場に到着して、少し時間があったので、ビーコン練習として見ず知らずの人の電波拾ったりしてたんですが、2つ目に拾った電波はなんとこんな場所から出ていました↓(笑)

b0046290_10282997.jpg

[PR]
←menuへ























































AX