<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0046290_14451215.jpg


More
[PR]
b0046290_050852.jpg


More
[PR]
by gxer | 2007-11-19 00:52
b0046290_19195859.jpg


More
[PR]
b0046290_22451382.jpg

b0046290_22454398.jpg

b0046290_22462435.jpg


人・人・人で疲れた~。
次回はバイク編!
[PR]
ちょっと前のフィルム現像したら北海道Tripの写真が入ってた~。


b0046290_23513089.jpg
Trip最終日、何が好きなのか、この道を訪れるのはこれで過去4年で3回目。

b0046290_2352085.jpg
稚内空港から離陸直後。さらば北の大地・・・。

b0046290_032324.jpg
雲の上に姿を表した利尻島、利尻山。かっこよすぎる。



僕の感じた礼文島について。

礼文島は北海道の最北の町稚内からフェリーで西に2時間。利尻島よりも更に西に位置する。飛行場もあるが、ほとんどの渡航客は1日に3本のフェリーで島に向かう。

島には大きく3つの町というか地区があるように感じられた。あとは大半が山だ。島の西側には道路すらない。

山と言ってもうっそうとした木々ばかりの山でなく、花と低木に包まれた山もある。標高はたかが数百メートルなだけに不思議な感じだ。この花を目当てに集まる観光客もいるかもしれない。夏の礼文に限って言えば、これほどまでに北に位置する島とはとうてい思えない。

この島の産業は大きく観光と水産業かと思う。畑はほとんど見なかった。この島の冬の姿は知らないけど、恐らく厳しい気候かと思う。もしかしたら日本でも5本指に入る厳しさかもしれない。

でも島民には暖かさを感じた。フェリーが港に到着した時の歓迎っぷりやフェリーが出航する時の紙テープを見てるとそう感じる。船の出航時に紙テープを見たのはたぶん初めてだ。紙テープが伸びきったらどうなるのかと思ったら、船の乗務員が慌てて回収してたけど。

なんだか不思議な島でした。
[PR]
←menuへ























































AX